ウェブでふるさと納税(受付中)


ふるさと納税とは…


平成20年からスタートして年々注目度が高まりつつある「ふるさと納税」。

ふるさと納税といっても、厳密に言うと納税ではなく、地方自治体への寄附です。


そして、「自分の出身地」でなくても、全国どこの自治体へ寄附してもOKです。

今後もますますふるさと納税に興味を持つ人が増えることが予想されています。

なぜなら、このふるさと納税は寄附する人に大きなメリットがあるからです。



あなたがふるさと納税をしたと仮定した場合、

寄附した金額の2,000円を超える部分については所得税・個人住民税から全額が還付・控除されます。

ただ、所得額や家族構成等により控除額の上限が定められています。


つまり、どこかの自治体に5万円の寄附をしたとすると、所得税と個人住民税が合わせて48,000円安くなるのです。

これは実質的にあなたが本来納めるはずだった現住所の自治体への住民税を、他の地域へ納めたのと同じことになります。

だから「自治体への寄附」なのに「納税」という呼び方になっているんですね。


そして、ふるさと納税をすると、その地域の特産品を返礼品として送ってくれます。

その返礼品としての特産品を受け取っても所得税の還付と住民税の控除は受けることができます。

つまり、2,000円の負担で、税金が安くなる上に地域の特産品などが貰えるという、

二重でお得な制度が、ふるさと納税なのです。


では、具体的にふるさと納税のやり方を説明します。

基本的には、総務省のふるさと納税ポータルサイトからの申し込みですが、

各自治体のホームページなどに記載しているふるさと納税の受付ページで申込手続きを確認して、寄附をすることもできます。

具体的な申込手続きは各自治体により異なりますので、それぞれの自治体の指示に従うこととなります。


ふるさと納税をもっと簡単に行える民間サービスもあります。

「さとふる」や「ふるさとチョイス」「ふるなび」、それにヤフーや楽天もふるさと納税ポータルサイトを運営しています。

いずれにしろ、検索窓に「ふるさと納税ポータルサイト」と打てば、いろんなサイトが出てきます。




どこでも同じように見えますが、詳細に見ていくと相談できたり、ポイントに交換できたりなど、それぞれのサイトに特色があります。

ぜひ比較検討してみてください。


比較検討した結果、気に入ったポータルサイトがあれば、

そこでクレジットカードを使って寄附の申し込みをするのが最も手っ取り早い方法です。
posted by ふるさと納税 at | ふるさと納税の仕組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする