ウェブでふるさと納税(受付中)


ふるさと納税 確定申告の方法


ふるさと納税で寄附をすると、寄附金のうち最大2,000円を超える部分が、納めた税金から控除されます。

ここで誤解されがちなのは、自己負担金額2,000円を除いた全額が還付金として振り込まれると思っている人が多いということ。

年収や寄附金額、家族構成、その他の控除額等によって、自己負担額や税の軽減額は変動します。


ふるさと納税について「2千円の負担のみで税金が戻ってくる」と思っている人がいますが、

税金の還付金として戻ってくるのは所得税分のみで、残りは住民税からの控除となります。


つまり、お金が戻ってくるのは所得税分だけで、残りは翌年の住民税が減額されるという形になります。

繰り返しますが、控除額は年収や家族構成によって違ってくるので、

全ての人が2,000円の自己負担で残りのお金が戻ってくるわけではありません。



次に確定申告のやり方ですが、サラリーマンなどの給与所得者の方は面倒だと思われがちですが、

要は慣れで、一度やってみると意外と簡単にできるものです。


所得税(及び住民税)の還付申告書を作成するには、まず必要なものを事前に用意します。

勤務先からの源泉徴収票と、ふるさと納税先の自治体が発行した「受領証明書」、

ご自身の還付金受取口座の通帳、それに印鑑です。


受領証明書は申請書に添付しなければならないので必ず必要です。

また、ご自身の還付金の振込みを希望する金融機関の通帳がなければ、

銀行カードなど口座番号がわかるものがあればOKです。


還付申告書の入手方法は、税務署の窓口に行けばもらえます。

用紙は全国同一なので、入手するのは所轄税務署でなくてもかまいません。

パソコンとネット環境のある人は国税庁のホームページからダウンロードできます。


申告書の書き方がよくわからない人は毎年2月半ばから3月にかけての確定申告の時期に、

税務署へ行けば係りの人が横についてパソコンの画面をみながら入力方法を教えてくれます。

時間にして20分ぐらいで完了します。


確定申告をしたことがないサラリーマンなどの給与所得者は面倒だと思われがちですが、

一度やってみると意外と簡単にできるものです。
posted by ふるさと納税 at | ふるさと納税 税制優遇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする