ウェブでふるさと納税(受付中)


ふるさと納税で節税する方法


今なぜ「ふるさと納税」が注目を集めているのか?


それはとりもなおさず、ほとんどの人ができる節税方法であり、

実質2,000円の自己負担だけで各自治体からさまざまな特典(特産品)がもらえるという、

メリットの多い制度だからです。


節税といば、お金持ちの考えること、と思われがちですが、

ふるさと納税のよさは所得がある人なら誰でもできるという点です。

年収200万円の独身の人でも、年間1万5千円まで寄付ができ、節税につながります。


とはいえ、むやみやたらにふるさとの納税で寄付していいというわけではありません。

なぜなら、自分自身の所得に応じた上限金額を超えてしまうと、自己負担が2千円を超えてしまうからです。


いうまでもなく、税金がかかっていない人がふるさと納税をしても控除はありません。

そもそも税金の支払いがないのですから当然です。


これは医療費控除と同じです。

税金を支払っていない人がいくら医療費を支払っても還付されることはありません。

税金がかかっていない人はふるさと納税をすると損してしまいます!

ふるさと納税はあくまで「税金から控除される」ということを忘れてはなりません。


では、具体的な控除額の計算方法ですが、概算として前述した通り、

年収200万円の独身の人は、年間1万5千円がふるさと納税の寄附金の上限となります。

年収500万円の人なら独身で6万2千円、夫婦(専業主婦)で5万3千円、

夫婦(共働き)大学生の子供1人で4万8千円、夫婦(専業主婦)高校生の子供1人で4万1千円。


このように所得に応じた寄附の上限金額は、それぞれの家族構成、扶養家族の有無などのよって変わります。

ふるさと納税で節税するためには、まず自分自身がいくら税金を納めたのか、

それによって所得に応じた寄附金の上限金額を把握することが大事でしす。


上限金額を上回る寄附をすると、節税どころか、逆にふるさと納税で損することになります。
posted by ふるさと納税 at | ふるさと納税 節税 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする