ウェブでふるさと納税(受付中)


確定申告の基礎知識


確定申告とは、1月1日から12月31日までの1年間に所得のあった人が、

所得税と復興特別所得税の額を「申告納税」するか、

納め過ぎた所得税と復興特別所得税の「還付申告」をする手続きのことです。


手続きは原則、翌年の2月16日〜3月15日に行います。


還付申告は、所得間の損益通算や所得控除、税額控除などから

所得税の再計算をして納めすぎた税金を還付してもらう手続きのことです。

その代表的なものに医療費控除、住宅ローン控除などがあげられます。




「確定申告をして税金を納めなければいけない」申告納税が必要な人は、

自営業で事業所得があった人や配当所得があった人、不動産所得があった人などです。


サラリーマンなどの給与所得者は基本的に確定申告は不要ですが、

年収2千万円を超える人や2カ所以上から給与を受け取っている人は確定申告が必要です。

こうした確定申告をしなければいけない人が申告納税しないと、納付すべき所得税に、

「加算税」「延滞税」などのペナルティが課せられます。


確定申告をして還付金を受け取れるケースとしては、

医療費控除、台風や地震、火事などで損害を被った場合の雑損控除、

住宅ローン控除、そして、ふるさと納税などの寄付金控除などがあります。


ふるさと納税に関しては平成27年4月以降、ふるさと納税先が5カ所までなら確定申告不要となる

「ふるさと納税ワンストップ特例」がスタートしました。


還付申告は確定申告期間でなくても受付可能です。

医療費控除や雑損控除のように「還付申告」の場合は期間外でも受け付けています。

たとえば平成28年分の還付申告なら、年が明けた平成29年1月から提出可能なのです。


確定申告の時期が始まる2月16日より前に申告すると所得税の還付を早く受けることができますし、

税務署でもゆっくりと相談に乗ってもらえます。

必要書類が揃っているのであれば、2月16日より前に還付申告する賢明だと思います。


間に合わなかった場合は、3月16日以降でも大丈夫です。

確定申告し忘れた場合でも、還付申告は過去5年間さかのぼることができます。
posted by ふるさと納税 at | ふるさと納税 確定申告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする