ウェブでふるさと納税(受付中)


ふるさと納税の返礼品に「マンホールのふた」


ふるさと納税の寄附金の返礼品として各自治体とも趣向をこらしていますが、

なかにはユニークな品物もあります。


岐阜県揖斐郡池田町では、ふるさと納税の重い感謝の意を表して、

重さ40`のマンホールのふたが返礼品としてもらえます。


このマンホールのふたは、町のマスコットキャラクター「ちゃちゃまる」や町内観光地などがデザインされた特製品。

「マンホールのふたが話題となることで、ポータルサイト上で他の特産品や町への注目も高まれば」

と町の担当者は、その意図を説明している。

0160418ht01_t.jpg
「ちゃちゃまる」をデザインしたマンホールのふた=揖斐郡池田町役場提供



「ちゃちゃまる」は、特産の美濃いび茶、国の天然記念物に指定されている名勝「霞間ケ渓(かまがたに)」の桜などを組み合わせたデザインのキャラクター。

昨年、町制60周年を記念してお披露目されたそうだ。


このマンホールのふたは、ふるさと納税として35万円以上寄付した人が返礼品として選択できます。

マンホールのふたを返礼品にするのは、奈良県王寺町に次いで全国2例目。


池田町はパラグライダー体験などユニークな返礼品を用意し、目標を大きく上回る1億4500万円が寄せられており、

このユニークなマンホールのふた効果で寄附金倍増を目指しているそうだ。


近年、全国のご当地マンホールが注目を集めており「マンホールマニア」が急増しているそうで、

すでに1人から寄附の申し入れがあったそうだ。


まぁ、コレクター以外は見向きもしないでしょうね。
posted by ふるさと納税 at | ふるさと納税 マンホールふた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする