ウェブでふるさと納税(受付中)


ふるさと納税 確定申告の書き方


ふるさと納税で寄附をし、確定申告をする際の書き方や注意点


確定申告の用紙にはA様式とB様式の2部類あります。

A様式は予定納税のない会社員や年金生活者の人向けで、給与所得や雑所得、配当所得、一時所得のみの方が使用します。

B様式は所得の種類を問わず誰でも使用できます。個人事業主の方はB様式になります。




確定申告の用紙は税務署の窓口でもらえます。

様式は全国同一なので、所轄の税務署以外で入手しても構いません。

国税庁のホームページから用紙をダウンロードできるので、

パソコンとプリンタをお持ちの方はここから用紙を受信して印刷すると簡単です。



申告に必要なものは、源泉徴収票と還付金受取口座の通帳、印鑑、

それにふるさと納税で寄附した自治体が発行する受領証明書の4点です。



ふるさと納税をした場合の記入方法について、申告書Aを例に説明すると、

第一表は集計を、第二表は内訳を記載します。第二表から記載していくとよいでしょう。



「寄附金控除」欄の「寄附先の所在地・名称」に、ふるさと納税をした都道府県または市区町村名を記入します。

「上以外の寄附金」の欄に、ふるさと納税で支払った金額の合計を記入します。

「住民税に関する事項」の「寄附金税額控除」「都道府県、市区町村分」に、ふるさと納税の合計金額を記入します。



次に第一表を記入します。

ふるさと納税の控除額を「所得から差し引かれる金額」の「寄附金控除」欄に記入します。

計算方法は「ふるさと納税金額」と「所得金額の合計×40%」のうちの、いずれか少ない方から2,000円を引きます。

例えば所得金額が300万円の場合、2万円の寄附をしたとして、300万円×40%=120万円なので少ない方の2万円から2,000円を引いて18,000円が記入金額です。

その他の記入箇所は通常の確定申告と同じように記入します。


よくわからない方、自信のない方は税務署へ出向くことをお勧めします。

必要書類を用意し、税務署へ行けば職員の方が傍について、パソコン画面をみながら入力方法を教えてくれます。

時間にして15〜20分ぐらいで終わります。


聞けば、ふるさと納税をしながら半数以上の人は確定申告をしていないそうです。

サラリーマンなど給与所得者の方などは確定申告と聞いただけでふるさと納税を躊躇する人もいるそうです。

「案ずるより産むが易し」。

確定申告をクリアし、お得にふるさと納税をしましょう。
posted by ふるさと納税 at | ふるさと納税 確定申告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする