ウェブでふるさと納税(受付中)


ふるさと納税 米子市の特典がすごい


ふるさと納税をするなら、お得に寄附をしたいですよね。

ならば、ふるさと納税 特産品 人気ランキングを検索。

出てくるのは「ふるさと納税 米子市」。


よく検索されているようです。

では、なぜ、米子市がふるさと納税先として、そんなに人気なのか?

調べてみました。



以下はエキサイトニュースからの引用です。


米子市はまず、利益度外視の『米子市民体験パック』を考案しました。これはどういったものなのかというと、米子市の特産品が種類豊富に取り入れられていて、3,000円からの寄付から届けられるお礼の品です。しかし中身は、6,000分の商品が入っているのです。内容はバラエティ豊かで、どらやき、ペットボトルの水、洗顔せっけん、歯磨き粉、お食事券、「ヨネギーズ」のセロハンテープ等がぎっしり詰まっています。

また、1万円の寄付した場合、11,000円相当の特産品がもらえ、5,000円の税控除も受けられると言います。寄付金よりも高いお礼の品が届くことになります。このカラクリを実現できた理由は、商品がすべて企業からの「無償提供」だからです。

企業側としても、安く全国に広告宣伝できるし、気に入ってもらえば、全国からのリピートの可能性もある。市側としても、コストは送料3,000円のみで安く仕上げることができる。まさにウィンウィンの関係を構築しているのです。

その結果、2010年は2,400件約3,900万円でしたが、2014年度は40,124件約475,689,617円(4億越え)とうなぎ上りの人気ぶりです。米子市の寄付金の使い道は、パソコンの整備や教育施設の整備、市営バスを買ったりしているようです。地方財政を、自らの力で賄っている。米子市の強みになるに違いありません。

(引用ここまで)


次に宝島社「ふるさと納税完全ランキング2015」の内容を紹介。

このランキングは、寄付金額の数字でランキングをしているので、

本当に人気である市町村がはっきりとわかってくるのだと思います。


■ 第5位:北海道上士幌町【寄附金額:2億4350万3104円】
何度でも寄付することができ、その分お礼の品ももらえる。

■ 第4位:宮崎県綾町【寄附金額:2億4700万】
野菜、牛、豚に厳しい審査基準を設けているので、品質はお墨付き。

■ 第3位:佐賀県玄海町【寄附金額:2億4859万4353円】
言わずと知れた、ふるさと納税では有名な町

■ 第2位:鳥取県米子市【寄附金額:2億7924万1257円】
経済感覚が抜群の県民性により、企業、市、納税者、すべてにうれしいシステム構築を築き上げた賜物。

■ 1位:鳥取県【寄附金額:5億5800万9312円】
鳥取県が、ふるさと納税を掌握?!1位と2位に鳥取県がランクイン。


小さな市が、お金のまわる仕組みを考えだす。

逆に言えば、税収が少ないからこそ、知恵を回さなければならない。

結果、誰も損することなく、誰もがおいしい思いをする。

よく練り込まれた考えだと思います。


進化を遂げた米子市、しっかりと効果も出ています。

そしてある企業とのタイアップも始めており、常にレベルアップしているようです。


しかし、2016年に入って宮崎県都城市などが人気上昇。

米子市の人気に陰りが見え始めています。

どう巻き返すか? このままでは引き下がらないはずで、

米子市の今後の動向に目が離せません。
posted by ふるさと納税 at | ふるさと納税 米子市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする